疲労を残さずハードな練習もこなして自己ベストも夢じゃない!体づくり教室

こんなお悩みありませんか?

  • ハーフ過ぎに「行ける!」と思ったら足が動かなくなった
  • 30キロ以降、胃がムカムカして水ものどを通らない
  • レースの終盤、体に力が入らない

自己ベスト更新!のはずが・・・

「行ける!」と思ったら足が動かなくなったことはありませんか?

ハーフ過ぎ、タイムを見てこれはベストを出せるかもしれない!って思っても、だんだんと足が動かなくなりマンネリのタイムに・・・

私も同じ経験をしたことがあります

このままいけば自己ベストを更新できる!ってワクワクしながら走り続けました。

でも、だんだん足が思うように動かなくなりエネルギー切れでペースダウン。

調子よく走れたのに、悔しい思いしか残りませんでした。

何を食べるか、どのタイミングで食べるか

自己ベスト更新に失敗後、サブ4達成を目指して食事を意識するようにしました。

ランナーにとって何を食べるかも大事ですが、どういうタイミングで食べるかはもっと大事です。

エネルギー切れ対策として

レース2日前からいつもはお茶碗一膳を二回に分けて合計2.5膳食べるようにしました。

さらに、スタート2時間前にカステラ(炭水化物)を食べるように変えました。

カステラは食物繊維もなく、糖質・タンパク質・脂質のバランスがいいからです。

食事の内容とタイミングを意識した結果

レース前・レース当日の食べる内容とタイミングを意識した結果、エネルギー切れがなくなり念願のサブ4を達成できたのです。