首・肩のセルフケア

首・肩

首・肩の筋肉に対するセルフケア方法です。

首や肩周りが疲れている、筋肉が張った感じがする、または軽い痛みがある。そういう時に取り組んでみてください。

軽い痛みとは、最も痛い時を10とすると、1~2程度の強さの痛みとお考えください。それ以上痛む状態が続く時は、セルフケアではなく、医療機関を受診しましょう。

取り組む際には、下記3点に関して注意してくださいね。

  1. 長時間やり過ぎない
  2. 力任せに行わない
  3. 痛みが強い時は行わない

首・肩のセルフケア1

首・肩のストレッチ1

首を横へ倒す

右側の首・肩の筋肉をケアする方法です。

こちらは、最も単純な方法。首を左側に倒して、右の首や肩の筋肉を伸ばします。

首・肩のセルフケア2

首・肩のストレッチ2

手を使って首を横へ倒す

先ほどよりも、少し強く首・肩の筋肉を伸ばす方法です。

左手を右の側頭部に当てながら、同時に左に首を倒します。左手で軽く倒すようにしてみてください。

首・肩のセルフケア3

首・肩のストレッチ3-2

右手をお尻の下にしながら首を横へ倒す

先ほどの2つの方法よりも、さらにしっかりと首・肩の筋肉を伸ばすための方法です。

座った状態で右手をお尻の下に敷きます。その状態で、先ほどの2と同じように左手を使って首を左側に倒します。

立ったまま行う時は、右手をお尻に当てた状態で行えば同じような強さで伸ばすことができます。

首・肩のセルフケア4

首・肩の刺激1

肩を刺激する

首・肩の刺激2

肩甲骨周りを刺激するのがポイント

首や肩を伸ばした時に、突っ張るように感じた部分をボールで軽く刺激します。

首や肩の筋肉に加えて、肩甲骨周りを刺激すると良いでしょう。

ボールで刺激をした後、もう一度首を左に倒してみて、ボールで刺激する前と後の違いを感じてみてくださいね。