ちゃんと痛み止めを飲み続けた女性が最終的に得た結果は・・・

痛み止め

痛み止めを飲んでも効かない理由は?

LINEからこちらの記事に興味を持っていただきありがとうございます。

まずは、先ほどの答えから。

「痛み止めを飲んでも効かないのは、薬の効果以上に痛みが強いからだ」

この質問の答えは、正しいでも、間違いでもありません。ごめんなさい。ひっかけるための質問とかではないのでお許しを。

どういうことか説明しますね。

ある女性患者さんの話

腰

当院の患者さんでAさんという方がいます。この方のお体の状態はこんな感じ。

  • 朝起きた直後は体がガチガチで痛い
  • 歩くと腰やお尻、足が痛くなってくる
  • 仕事で座っていても足がしびれてくる

Aさんは痛み止めを飲み続けていました。でも、全く痛みもしびれも変わらなかったんです。

大切なことは組み合わせ

まず、痛み止めを飲み続けてもAさんの状態が変わらなかったのか理由を解説しますね。

図をご覧ください。

原因と対策の組み合わせ表2

これは、痛みの原因とその対策としての薬の組み合わせを表にしたものです。

痛みの原因が神経にある場合は、リリカという薬が処方されることがあります。リリカは神経に対して作用がある薬。

ですから、原因と対策の組み合わせは正しいということが言えます。炎症とロキソニンの組み合わせも同様です。

組み合わせが間違っている場合

バツ

ただ、筋肉が原因の場合に、リリカやロキソニンという薬は組み合わせとしては間違っています。

なぜなら、筋肉が固まって痛みやしびれが出ている場合、リリカやロキソニンには筋肉をゆるめる作用がそもそもないからです。

Aさんの場合はどうだったのか?

Aさんの場合も同じ。薬の効果以上に痛みが強かったのではありません。

神経や炎症が原因ではなく筋肉が原因だったのです。つまり、組み合わせが間違っていたということ。

Aさんが薬を飲み続けても変わらなかったのはこれが理由です。

痛み止めでダメだったAさんのその後

痛み止めを飲み続けてもダメだったAさんですが、今は元気に仕事をして趣味も楽しんでおられます。

なぜなら、当院で筋肉への施術をしたからです。

施術の自慢をしたいわけではありません。先ほどもお伝えしたように、大切なことは組み合わせなのです。

Aさんの痛みの原因は神経でも炎症でもなく筋肉が固まったことにあった。筋肉が原因の状態なら、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法で施術が可能。

だから、その固まった筋肉へ鍼の施術を行ったので元気になれた。

つまり、痛みの原因に対して鍼の施術が組み合わせとして正しかったということですね。

補足:手術は成功でも結果が変わらないことが起きる理由

手術

原因と対策の組み合わせが大切ということは手術でも言えます。

MRIで神経圧迫の状態が写っていても、本当の原因は筋肉という場合は多々あります。

そのため、手術は成功したけれど、結果は変わらないということが起きる場合があるわけですね。

※誤解のないようにお伝えしますが、薬や手術が良い・悪いではありません。痛みの原因と対策の組み合わせが正しいかどうか?そこが重要ということです。

参考になれば幸いです。

PS

お体のことでお悩みがある方はLINEで教えてくださいね(お気軽にどうぞ!)。